更年期の辛い症状は女性ホルモンの欠乏が原因

卵巣が加齢とともに機能を失い、やがて閉経を迎えます。
この間に起こるのが更年期障害の症状で、多くの人が、頭痛、肩こり、動悸、めまい、精神的には、うつやイライラなどの症状にも多くの人が悩まされます。

 

 

なぜ、こんな症状が起こってしまうのか?

 

それは、卵巣に対して、命令を出す「脳下垂体」と呼ばれる部分のそばに、「自律神経」があり、実に関係が深いことが原因なのです。

 

 

自律神経とは自分の意識では動かせない内蔵や心臓、呼吸や心拍、体温調節など生命活動を維持するための神経です。

 

そして、「交感神経」と「副交感神経」の二つで構成されています。

 

交感神経は体を活発にし、副交感神経は体を休める方向に持って行きます。

 

この真反対の働きをする神経がバランス良く働いいているときは、心も体も健康に過ごせるのですが、閉経近くになると、脳下垂体から、卵巣の機能がわるくなったところに、「もっと女性ホルモンをだしなさいーー」という命令をどんどん出します。
ですが、女性ホルモンはもう出なくなっています。そこでもっともっと命令が強くなり、そして、脳下垂体自体がバランスを失ってしまい深い関係がある自律神経まで影響が及んでしまうのです。

 

この自律神経の乱れによって、急にドキドキしたり、どっと汗が出たり、気持ち的にもイライラ、落ち込みなど、いろんな症状を引き起こしてしまうのです。

 

脳下垂体からの命令を抑えてあげよう

 

原因は「脳下垂体」から、過剰に出る「ホルモンを出しなさい!」という命令が原因です。ですので、この混乱を抑えるためには、女性ホルモンを外から摂って、落ち着かせることで症状が改善されることがわかっています。
更年期障害が日常生活に破綻をきたすほどひどい場合は、必ず婦人科で診察を受けて、ホルモン治療を行いましょう。
我慢することは意味がありません。

 

 

ストレスでうつ病が引き起こされる

神経質だったり、気が小さい人、何でも気になってしまう性格のひとは、年齢を経ると「うつ病」にかかってしまいやすくなります。
こういう人は、几帳面で、真面目、責任感も強いという人である場合も多いのですが、こういう人にうつ病が発生しやすいと言われています。

 

体の調子が悪いと、心の調子も下がってしまいますよね。
まして、女性ホルモンが出なくなることで起こる自律神経の乱れは、その心身の不調はとても辛いものであることが多いのです。

 

もともとの性格と、自律神経の乱れが重なってしまうと、そのような症状がない人にしたらなんでもない様な些細なことでクヨクヨと思い悩んでしまうことにもつながります。さらには自責の念や、後悔など、どんどんうつ症状になってしまうのです。

 

適切に女性ホルモンを積極的に摂る

 

今は、更年期の研究も進み、手軽に始められる、エクオールサプリなどを使って、自律神経の乱れを引き起こさないように予防することも良いと思います。

 

 

女性ホルモン投与には、がんなどのリスクもありますから、まずは、サプリメントで気軽に始める人が増えています。

 

 

>>「エクオール」 アドバンスト・メディカル・ケア 公式販売サイトはこちら<<